住民とともにたたかう情熱の政治家 仁比そうへい ウェブサイト
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • 月別アーカイブ: 2016年12月

月別アーカイブ: 2016年12月

伊方原発即時停止を 四国4県議団、白川比例予定候補・仁比参院議員らが省庁交渉 低空での米軍機飛行中止求める

四国4県の日本共産党県議団と衆院比例四国ブロックの白川よう子比例予定候補(香川県議)は12月26日、11省庁に県民の要望を届け、交渉しました。四国全県の県議が一同に省庁交渉に臨むのは初めてです。   仁比聡平参 …

水曜随想  「ありえない! 飛行再開」  参議院議員 仁比聡平

 ありえない。 名護市の浅瀬に墜落(12月13日)してわずか6日。米軍はオスプレイの運用を全面再開した。怒りのあまりくらくらするようだ。   在沖米軍トップ・ニコルソンは、「パイロットはヒーロー」「感謝すべきだ …

固定化の危険性指摘 「部落差別」永久化法 宇佐市で仁比議員ら懇談 大分

  日本共産党の仁比聡平参院議員は12月20日、「部落差別」永久化法(部落差別解消推進法、9日に可決成立)の審議の中で、同和行政の「特別扱い」が残っている自治体として取り上げた大分県宇佐市を訪ね、施策の実態など …

仁比参院議員が関門港湾と懇談 高橋北九州市議予定候補が参加 北九州・門司区

  日本共産党の仁比聡平参院議員は12月20日、関門港湾労働組合協議会(関門港湾、北九州市門司区)の松永英樹議長ら幹部7人と懇談しました。北九州市議選をたたかう高橋都予定候補(門司区)と波田千賀子市議も参加しま …

192国会(2016年10月~12月)議院運営委員会『安倍総理は国民の怒りを受け止めよ』

○仁比聡平君 私は、日本共産党を代表して、安倍総理大臣問責決議案は委員会審査を省略して本会議に上程すべきであって、ただいまの動議に反対する立場から意見を述べます。 安倍総理を問責する理由を挙げることに枚挙にいとまはありま …

水俣病 全員救済を 市田・仁比両氏が調査 熊本

 日本共産党の市田忠義副委員長・参院議員は12月10日、仁比聡平参院議員とともに熊本県天草市と上天草市で水俣病の被害について調査しました。天草地方では大半の地域が救済対象から外され、水俣病特有の症状を訴える多くの患者が取 …

能本・天草地域 党が水俣病調調査 被害者救済へ聞き取り

日本共産党の市田忠義、仁比聡平両参院議員らによる水俣病の調査で12月9日、市田氏の佐々木勝吉、塚田誠両秘書、武田良介参院議員の島澤木綿子秘書は、水俣病被害の救済対象から大半の地域が外されているため、多くの被害者が取り残さ …

192国会(2016年10月~12月)本会議『部落差別の固定化・永久化は許されない』

○仁比聡平君 私は、日本共産党を代表して、部落差別の解消の推進に関する法律案に対し、断固反対の討論を行います。 その理由は、本法案が、部落差別の解消推進のための理念法といいながら、部落問題解決の歴史に逆行して、新たな障壁 …

「部落差別」永久化法が成立 差別固定化の危険は重大 仁比議員が反対

 参院本会議で12月9日、自民、公明、民進3党提出の「部落差別」永久化法(部落差別解消推進法)が、日本共産党以外の賛成多数で可決・成立しました。日本共産党の仁比聡平議員は討論で断固反対を表明し、“恒久法”である同法が、部 …

「部落差別」永久化法案 「不当圧力の根拠に」 仁比参院議員が追及

日本共産党の仁比聡平議員は12月8日の参院法務委員会で、「部落差別」永久化法案が「差別解消」の「施策」を自治体に義務付けているとして、〝恒久法〟である同法を根拠とした行政への不当な圧力が強まり、行政の主体性が失われる危険 …

「部落差別」永久化法案が可決 「差別固定化許さない」  参院法務委で仁比議員が反対討論

 参院法務委員会は12月8日、自民、公明、民進3党提出の「部落差別」永久化法案(部落差別解消推進法案)を日本共産党以外の賛成多数で可決しました。日本共産党の仁比聡平議員は質疑打ち切りに厳しく抗議し、反対討論で、部落差別を …

192国会(2016年10月~12月)法務委員会『今なお残る不当な同和対策事業の終結こそ必要』

○仁比聡平君 日本共産党の仁比聡平でございます。 今日は、提案者の皆さんがこの法案をしきりに理念法というふうに繰り返しておっしゃいますので、この法案の中でキーワードになっています部落差別の解消に関する施策に関係して、ちょ …

192国会(2016年10月~12月)議院運営委員会『カジノ法案審議入りに断固反対』

○仁比聡平君 私は、日本共産党を代表して、カジノ解禁法案の審議入りに断固反対の意見を表明いたします。 TPP承認案、年金カット法案、そしてこのカジノ法案と、毎週毎週、数に任せて強行採決を繰り返す安倍政権の暴挙は、まさに国 …

基本的に解決、廃案を 「部落差別」永久化法案で参考人質疑 差別固定化許さず

  自民、公明、民進3党は、「部落差別」永久化法案(部落差別解消推進法案)を12月8日の参院法務委員会で採決する構えです。主要な同和関係団体が出席した、画期的で重要な参考人質疑が12月6日に行われ、差別解消に逆 …

192国会(2016年10月~12月)法務委員会『参考人質疑、部落差別の解消に実態調査は今や有害』

○参考人(新井直樹君) 全国地域人権運動総連合事務局長の新井です。 部落差別の解消の推進に関する法律案は時代錯誤であり、部落問題に新たな障壁をつくり出すもので、断固反対の立場から意見を述べます。発言要旨についてはお手元の …

192国会(2016年10月~12月)法務委員会『再犯防止をよりよい制度に、修正案提出』

○仁比聡平君 日本共産党の仁比聡平でございます。 私からも簡潔に法務省と提案者に確認をしたいと思うんです。 本法案で指導の対象となる「犯罪をした者等」について、未決の者又は刑の執行を終えた者などの地位に鑑みて指導の対象と …

政治の転換いまこそ 党演説会で仁比参院議員訴え 愛媛・今治

  愛媛県今治市で12月4日、日本共産党の仁比聡平参院議員を迎えた演説会が開かれました。   仁比氏は安倍政権の暴走を厳しく批判し、「アメリカでも1%の富裕層のためではなく、99%の庶民のための政治を …

改革の道筋を示す党 愛媛・大洲と砥部で演説会 仁比参院議員訴え

愛媛県大洲(おおず)市と砥部(とべ)町で12月3日、日本共産党演説会が開かれ、仁比聡平参院議員が「安倍政権に正面から立ち向かい改革の道筋を示し、共闘を広げる日本共産党の力を大きく伸ばすことが大事だ」と熱く訴えました。 & …

新たな差別生む恐れ 永久化法案で仁比氏「実態調査」追及

  日本共産党の仁比聡平議員は12月1日の参院法務委員会で、自民、公明、民進提出の「部落差別」永久化法案(部落差別解消推進法案)が「理念法」といいながら、国・自治体に義務づける「実態調査」自体が重大な人権侵害や …

終わらない水俣病 全被害者の救済求め集会

  「水俣病60年~終わらない水俣病を問う~院内集会」が12月1日、国会内で開かれました。主催は、水俣病の被害者団体で結成された水俣病60年実行委員会です。   水俣病は今年、熊本県の公式確認から60 …

1 2 »

検索はこちら

仁比そうへい 秘密保護法案反対討論

水曜随想

仁比そうへい 参院議員 活動紹介

共産党リンク

仁比そうへい 応援素材集

PAGETOP
Copyright © 仁比そうへい ウェブサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress