【17.03.02.】天皇退位 国民の総意で議論を 衆参全体会議 共産党が主張

活動日誌


 衆参両院議長は3月2日、天皇の退位についての立法府の対応をめぐる衆参全10政党・会派参加の全体会議を衆院議長公邸で開きました。日本共産党からは小池晃書記局長、穀田恵二国対委員長らが出席し、象徴天皇制や「退位」に対する基本的な考え方を表明しました。全体会議は3日も開かれ、皇室典範の改正や今後の議論の進め方について意見を交わします。

 各党・各会派は、2月の意見聴取の際に示した考え方をあらためて述べました。

 小池氏は、天皇の昨年8月8日の「おことば」は理解できると述べた上で、「政治の責任として退位について真剣な検討をすべきだ」と指摘。「1人の方がいくら高齢になっても仕事を続けなければならない制度は、『個人の尊厳』という憲法の根本原則に照らして、見直す必要がある。退位を認めるべきだ」と主張しました。

 象徴天皇制については、天皇制を含む現行憲法の全条項を守るとした、党としての立場を表明。天皇の政治利用をはじめ、憲法の条項と精神からの逸脱を是正することなど、党綱領の天皇制に関する中身を説明しました。

 会議後の記者会見で小池氏は、今後の議論の進め方として、憲法第1条が天皇の地位は「国民の総意に基く」と定めていることから、「国民の総意で議論し、すべての政党・会派が参加する国会の場で議論し、憲法の根本に立って議論していくことが何よりも大事だ」と強調しました。

 全体会議には、塩川鉄也衆院議員、仁比聡平参院議員が同席しました。(しんぶん赤旗 2017年3月3日)


<< >>

  • 共謀罪

  • 仁比そうへい 秘密保護法案反対討論

  • 仁比そうへい 活動動画

  • 水曜随想

  • 仁比そうへい 参院議員 活動紹介

  • 共産党リンク

  • 仁比そうへい 応援素材集

  • にひそうへい 活動実績