【18.05.28.】同意ないAV ネット削除を 出演強要問題 仁比氏国会で質問

活動日誌

(質問動画はコチラ)

 アダルトビデオへの出演強要問題をめぐり、日本共産党の仁比聡平議員は5月28日の参院決算委員会で、「同意していない性的行為の撮影を強いられる、深刻な実態が明らかになっている」として、撮影された映像をインターネット上から削除する対策を求めました。

 内閣府の調査では、アイドル・モデルなどの勧誘を受けた女性の約9人に1人が、「聞いていない性的な行為の撮影を求められた」と回答。うち約2人に1人が撮影に応じており、“断ったのにしつこく要求された”“画像をばらまくと言われた”ため断れなかったなど、強要の実態が浮き彫りになっています。

 野田聖子男女共同参画相は「契約に基づいたものであっても、意思に反して撮影されたものであれば重大な人権侵害」「根絶に向けて政府として取り組んでいく」と答弁しました。

 仁比氏は「インターネット上の動画などの削除は被害者の切迫した要求。違法なものを明確にし、削除のガイドラインに明記すべきだ」と指摘。

 警察庁の担当者は「被害者の相談を受け、犯罪に当たると認められる場合はプロバイダーやサイト管理者に削除要請する」と回答。野田氏は「画像削除について、関係府省の連絡会議の議長として、必要な施策を着実に講じられるよう取り組んでいきたい」と約束しました。(しんぶん赤旗 2018年5月29日)


<< >>

  • 共謀罪

  • 仁比そうへい 秘密保護法案反対討論

  • 仁比そうへい 活動動画

  • 水曜随想

  • 仁比そうへい 参院議員 活動紹介

  • 共産党リンク

  • 仁比そうへい 応援素材集

  • にひそうへい 活動実績