【17.07.01.】「部落差別解消推進法」の危険性を学ぶ講演会 「部落差別」の固定化に 仁比氏が同法を批判 大分

活動日誌

 大分県地域人権運動連絡協議会(県人権連、西郡均会長)は7月1日、日本共産党の仁比聡平参院議員を迎え、「部落差別解消推進法」の危険性について学ぶ講演会を宇佐市で開きました。県内各所から70人が参加しました。

 仁比氏は、新法施行後、「解同」など民間団体が自治体に同法の「具体化」や「被差別部落の実態把握」を求める動きを始めたことも踏まえ、「歴史に逆行し、新たな差別意識を生み出して『部落差別』を固定化、永久化する重大な危険をはらんだ法律だ」と批判しました。

 国会論戦で人権侵害となる「実態調査」「教育、啓発」など問題点が浮き彫りになり、異例の「附帯決議」が盛り込まれたことを強調。「逆流は思うようにはいかない。国、自治体に附帯決議を厳守させるとともに歴史に学び、地域・草の根から憲法、自治、民主主義を守る運動を広げ、同和行政こ同和教育の『特別扱い』を終わらせよう」と呼びかけました。

 西郡会長は「国会論戦の成果を確信に実効化阻止の世論と運動を強めよう」と呼びかけました。(しんぶん赤旗 2017年7月5日)


<< >>

  • 共謀罪

  • 仁比そうへい 秘密保護法案反対討論

  • 仁比そうへい 活動動画

  • 水曜随想

  • 仁比そうへい 参院議員 活動紹介

  • 共産党リンク

  • 仁比そうへい 応援素材集

  • にひそうへい 活動実績