【17.04.20.】有明海再生は農漁共存の道こそ 国策の失敗を認めよ 法務委で仁比参院議員

活動日誌

 日本共産党の仁比聡平議員は4月20日の参院法務委員会で、国営諫早湾干拓事業をめぐって、長崎地裁の潮受け堤防排水門の開門差し止め判決を取り上げ、「国が控訴せず、わざと負けるなど正義に反する」と指摘し、国は農漁共存の解決に向けて責任を果たすよう強く求めました。

(質問動画はコチラ)

 仁比氏は、仮に判決が確定しても、福岡高裁で確定している国の開門義務は消えないと指摘したうえで、農水省が開門なしの和解を押し付けるために漁民や弁護団長を誹謗(ひぼう)する「想定問答」までつくって説得工作を行ったのは倫理に反すると厳しくただしました。法務省の定塚誠訟務局長は「答弁を差し控える」と繰り返しました。

 また、仁比氏は、開門しない一方で、政府が昨年度までに約500億円も投じてきた有明海再生事業について長崎を含む4県漁協が「実感できるような効果は確認できない」と、基金案と切り離して拡充を求める要請を政府・与党にしていると紹介。「国策の失敗を正面から認め、農漁共存の再生へ転換することこそあるべき方向だ」と述べ、農漁共存の事業の具体化を強く求めました。(しんぶん赤旗 2017年4月21日)


<< >>

  • 共謀罪

  • 仁比そうへい 秘密保護法案反対討論

  • 仁比そうへい 活動動画

  • 水曜随想

  • 仁比そうへい 参院議員 活動紹介

  • 共産党リンク

  • 仁比そうへい 応援素材集

  • にひそうへい 活動実績