【17.11.12.】憲法守り希望開く 仁比議員迎え演説会 山口・柳井

活動日誌

 日本共産党の山口県東部地区委員会は11月12日、仁比聡平参院議員を迎え、柳井市で演説会を開きました。

 仁比氏は「安倍政権の強権と独裁の道を許さず民主主義と憲法を守り、本当の希望を開く歴史的な時だ」と述べ、26日告示の同市議選で現有1議席確保をめざす新人の岩田ゆうじ候補の必勝で「命と暮らしの命綱の議席を守り抜き、『暴走政治は許さない』の声を示そう」と訴えました。

 総選挙結果について「自公で3分の2の議席は『虚構の多数』であり、国民は安倍政権を信任などしていない」と指摘。「分断と逆流を乗り越えて安倍政権に真正面から立ち向かい、市民と野党の共闘の前進を求めた市民の声、日本共産党に寄せられた激励の声には、未来を切り開き安倍政権を打ち倒す力がある」と強調しました。

 岩田氏は、同市に近い上関町に計画される原発建設や憲法改悪、消費税10%増税などの阻止に向け、「住民が主人公の立場を貫く共産党の議席が必要だ」と訴えました。

 市内の男性(68)は「総選挙の結果に気持ちが沈んでいたが、2人の話を聞いて元気が出た」と話しました。(しんぶん赤旗 2017年11月14日)


<< >>

  • 共謀罪

  • 仁比そうへい 秘密保護法案反対討論

  • 仁比そうへい 活動動画

  • 水曜随想

  • 仁比そうへい 参院議員 活動紹介

  • 共産党リンク

  • 仁比そうへい 応援素材集

  • にひそうへい 活動実績