【16.01.30.】命と平和守る寺内氏 熊本知事選 励まずつどい

活動日誌

20160203_1664856

熊本県知事選(3月10日告示、27日投票)に挑む寺内大介候補(弁護士)を「励ますつどい」が1月30日、熊本市で開かれました。日本共産党の仁比聡平参院議員も駆けつけ400人が参加して、寺内候補を押し上げ、県民のいのち平和を守る県政の実現をと決意を固め合いました。「あかるい熊本をつくる県民の会」(加藤修会長=弁護士)主催。

仁比議員は「憲法破壊の安倍政治を許すのかという時代の岐路に立って、寺内さんには『憲法知事』として熊本から名乗りをあげてほしい」と訴え、寺内候補を押し上げ「憲法を生かす政治をともにつくろう」と呼びかけました。

寺内候補は知事選を、「強いものの利益を第一に考える自民党型政治の継続か、弱者に配慮する市民型政治への転換か」の二つの流れの選択選挙だと指摘しました。

つどいでは、共産党の山本伸裕県議らが激励。水俣病不知火患者会の大石利生会長は「県民のいのち・健康を守る県政の実現を」とのべました。

参院熊本選挙区の無所属の市民・野党統一の、あべ広美候補、熊本で中・高校時代を過ごした宇都宮健児弁護士が激励のメッセージを寄せました。(しんぶん赤旗 2016年2月3日)


<< >>

  • 共謀罪

  • 仁比そうへい 秘密保護法案反対討論

  • 仁比そうへい 活動動画

  • 水曜随想

  • 仁比そうへい 参院議員 活動紹介

  • 共産党リンク

  • 仁比そうへい 応援素材集

  • にひそうへい 活動実績